兵庫県高砂市で新築一戸建てを建てる

兵庫県高砂市は、兵庫県の中でも南部に位置する市町村の一つです。

南側には瀬戸内海があり、とても美しい景色を眺めることができます。一方北側は、なだらかな山があり自然が多いのが特徴です。市街地は南側の山陽本線や新幹線が通っているあたりになります。


もし高砂で新築一戸建て住宅を建築するならば、交通の便を考えると南側の方がよいでしょう。
ですが高砂市の南側は土地の値段が高いため、新築住宅を建築する時もそれなりにお金がかかってしまいます。
一方、高台の方に住宅を建ててもいいですが、駅からは遠くなってしまいます。

もちろん高台に新築一戸建て住宅を建てるようであれば、水害などの被害は軒並み避けることができ、地盤も優良なところが多いことから、大きな地震が来たとしてもそう簡単に住宅は壊れません。



もちろん、新築一戸建て住宅の造りがそれなりの耐震性を施されているものに限ります。

市街地に住宅を建てる場合は、基本的に2階建ての住宅が多くなりますが、乗用車は2台ぐらいとめられるほどのスペースがある住宅が多いです。
一方で駅のそばであれば土地が狭いため、2階建てでは狭すぎます。

@niftyニュースの喜びの声を頂いています。

そこで、3階建てにしている家が多くなります。
このように、同じ高砂市であってもどこに住宅を建築するかで、趣きが変わってきます。

便利な方は一定の制限を受けますし、あまり便利でない地域はある程度広い土地を確保できるのです。
どちらに住むかは好みの問題ですが、長期的に考えて後悔のない住宅選びが重要です。