災害を避けて建てる高砂の新築一戸建て

高砂で新築一戸建てを建てる場合は、災害の被害に遭わない場所に建てる必要があります。
高砂の大部分は加古川の河口西部に広がる沖積平野です。
この地域は地盤が弱く、洪水の危険や液状化の心配される災害には弱い場所です。
北西部の一部は、播磨アルプスに達しており、この周囲の地盤の良い土地が新築一戸建てには適しています。

高砂でもし北西部の土地が手に入らなければ、新築一戸建ての構造を考える必要があります。日本の気候は夏の湿度が高く蒸し暑いため、住まいは夏に快適に過ごせるように、木造の開放的な住宅が好まれてきました。

地盤が良好な場所では、躊躇なく木造を選択する場合でも、災害の危険のある場所に住宅を建てる場合は、鉄筋コンクリート造を考える必要があります。

木造の弱点は水害に弱いことと、構造計算がされていないので、地盤の弱い場所に建てる場合は不安が残ることです。
鉄筋コンクリート造の住宅は、木造に比べて高くつきますが、災害で資産価値がゼロになるリスクと比べれば、安いものです。

鉄筋コンクリートの住宅は、工務店に依頼すると建ててくれます。



工務店の中には、公共施設や民間のビル工事も行っているところがあり、住宅も建ててくれます。

鉄筋コンクリート造の住宅は、地盤が悪い場合は杭基礎や柱状地盤改良により支持地盤を強化します。

ガジェット通信に関するお悩み解決にはこちらです。

そのことで、地震に対しても安全になり、液状化や洪水にも対処できます。



狭い敷地では3階建て以上とすることも可能で、高砂には適した構造です。